海洋深層水とは?

海洋深層水というのは、水深200m以上の深海から採水した水のことです。

海は200mを超えるあたりから深海と決められているのですが、
その理由は、太陽の光がそれくらいから届かなくなるからです。

なので、この辺りから水が急に冷たくなって、年間の温度は安定しているんですね。

海洋深層水の特徴はまず、ミネラルが豊富であるということ。
植物プランクトンは光の届かないところでは生息できないので、
プランクトンが成長するために必要な栄養成分が消費されないまま、
深層水に溶け込んでいるんです。

しかも深層水のミネラルバランスは、人間の体になじみやすく、相性がよいんですね。

また、深層水はきれいで安全な水であるというのも特徴的です。

産業廃棄物などによる水質汚染の影響を受けるのは、
実は海の表面層までなんです。
化学物質は深層までは到達しないんですね。

また、プランクトン類が発生しないため、それを餌にする細菌類も、
深くなるほど少なくなっています。

このように、安全性と機能性に優れていることから、
飲料水としてだけでなく、化粧水であったり、藻類・魚介類の飼育、農業、
さらには医療の分野など幅広く使われています。

ウォーターサーバー会社で扱っている水は天然水(山の水)かRO水(機能水)
がほとんどで、海洋深層水を扱っているところはほとんどありませんが、
一か所だけ扱っているところがあります。

それが、エフィールウォーターです。

エフィールウォーターが扱っているのは、
世界自然遺産にも選ばれている北海道の知床らうす海洋深層水。
流氷に運ばれてきた天然ミネラルが沈下して蓄えられた深層水です。

今ならボトル2本プレゼントのキャンペーンも行っているようですので、
ウォーターサーバーの利用を考えている方はお早めにどうぞ。

エフィールウォーター

ウォーターサーバー人気ランキング

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ