水の硬度とは?硬水と軟水の違いと計算方法

水

水には『 硬水 』と呼ばれるものと『 軟水 』と呼ばれるものがあります。
これは何か?というと水の硬さを表しているんです。

「水に硬さなんてあるの?」

と思うかもしれません。
日本の水は軟水が多いので、あまり違いはないように思えるかもしれませんが、外国から輸入されたミネラルウォーターを飲んでみると、その違いが分かると思います。

そのような、水の硬さを数値化したものを“硬度”と呼びます。

軟水と硬水は、どちらが優れている、というものではなく、用途によって使い分けると便利です。
今回は、硬度の計算方法と硬水と軟水の違いを説明します。

軟水と硬水の特徴と計算式

軟水と硬水はこのような特徴があります。

【軟水】:味をあまり感じない。すんなりしてまろやかでクセがなく飲みやすい。
【硬水】:味が濃く、口の中がザラっとする感覚や、のどに何か引っかかる感じ。

このように感じる水の硬さ、”硬度”は、マグネシウム(Mg)カルシウム(Ca)の二つのミネラル分が、1リットル中にどれだけ含まれているのか?で計算されます。

【硬水】→硬度が高い水=カルシウム・マグネシウムが多い水
【軟水】→硬度が低い水=カルシウム・マグネシウムが少ない水

硬度を出す計算は以下の式で表します。

水の硬度=(カルシウムmg/L×2.5) + (マグネシウムmg /L×4)

この計算式で水の硬度が決まりますが、どこまでが軟水で、
どこからが硬水なのかは意見が分かれるところです。

100以上なら硬水としているところもあれば、
100以内は軟水で100~300までは中硬水、それ以上は硬水としている場合もあります。

なので国によっても語る人によっても基準はバラバラなのですが、WHOの飲料水水質ガイドラインでは以下のように定めております。

軟水・・・・・・・0mg 以上 60mg 未満
中程度の軟水・・・60mg 以上 120mg 未満
硬水・・・・・・・120mg 以上 180mg 未満
非常な硬水・・・・180mg 以上

日本の水は、水道水で60程度、銘水といわれる天然水で30程度が平均的。
日本は世界的に見ても軟水の国なのです。
“100~300は中硬水”というのは、外国人からみた時の話と思って良いでしょう。

なぜ日本の水は軟水で、ヨーロッパは硬水なのか?


River / Dorron

日本の天然水は30~60程度の軟水です。
100以上の水はありません。
その理由は、地形が関係しています。

ヨーロッパは石灰岩の多い土地柄で、カルシウムやマグネシウムが多く含まれています。
しかも大陸なので、陸地に地下水が長く滞留することで、ミネラル分が水中に多く溶けだすわけです。

そのためヨーロッパでは硬度100以上の水が多いのですが、場所によっては200、300のところもあります。

日本は逆に、石灰岩はヨーロッパと比べて少ないですし、
周りは海に囲まれていて、水の滞留期間が短く、軟水になるわけです。

というわけで日本人は軟水に飲み慣れているのですが、アメリカ人やヨーロッパの人達は、日本より硬い水も飲み慣れています。

とは言っても、そのまま飲んでいるわけではなく、軟化処理した水を購入するか、ウォーターサーバーを置くのが一般的です。
それでも日本の水よりも硬度が高いものを利用しているんですね。

なので、胃腸の弱い日本人がヨーロッパに旅行に行って、現地の人と同じように水を飲んでお腹を下してしまうことがまれにあるわけです。

硬度の違いを体感してみよう

私たち日本人が一般的に美味しいと感じる水の硬度は60くらいまでと言われています。
個人差はあると思いますが、日本人は軟水に慣れていることから、それくらいが美味しいと感じるのだそうです。

一時期、ダイエット目的から硬水を利用するのが流行りましたが、普通に飲むにはちょっと続けにくいものです^^;
ダイエットのようなこれといった目的がない場合は、硬度30以下の水が美味しいと思います^^

とはいえ、美味しく感じるのは個人差がありますので、硬度の違いを体感してみてもよいですね。

日本でも有名な硬水はコントレックスという水です。

フランスから輸入しているミネラルウォーターで、硬度が1551もあります。
毎日美味しく飲むため、というよりダイエットを目的に買う人が多い水です。
硬度が高い、ということがどういうことなのか最も分かりやすい水なので、機会があれば飲んでみてください^^
ただし、飲みすぎるとお腹を下してしまう可能性がありますので、要注意です。

その他、通常の飲料水としてよく売られているミネラルウォーターの
“evian(エビアン)”と”volvic(ヴォルビック)”などがあります。
エビアンは一時期流行りましたが、今ではヴォルビックの方が日本では人気が高いようです。

硬度は

  • 【エビアンの硬度】→約300mg/L
  • 【ヴォルビックの硬度】→約60mg/L

となっています。
やっぱり、ヴォルビックの方が硬度が低くく、飲みやすいから
人気があるようです^^

国産のミネラルウォーターは、ラベルの後ろを見れば硬度が書かれていて、
おそらく30程度がほとんどですから、これらの輸入ミネラルウォーターと飲み比べてみて下さい^^

ウォーターサーバー会社で取り扱っている水は、ほとんどが”軟水”で、
日本人が「美味しい!」と感じられる水が選ばれています。

その中でも多少の違いがありますので、ウォーターサーバーをレンタルすることを検討するなら、
その辺を知っておいても良いですね^^

以下のリンク先に、ウォーターサーバー会社が提供している水の硬度の比較と、
硬水と軟水の使い分けも書いていますので、参考にしてみて下さい。

参考:硬度で水を選ぶ

ウォーターサーバー人気ランキング

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ