水を選ぶことの必要性

人間にとって、水はなくてはならない存在です。

実は成人の場合、身体の60%以上は水で出来ているんですね!
赤ちゃんになるとさらに多くて、80%近くまでのぼります。

身体の中のほとんどを占めているからこそ、
普段摂取する水は、良質なものを摂取したいですね^^

ウォーターサーバーを家において水を宅配してもらうことは、
まさに良質な水を摂取するということです。

今回は、水が果たしている大切な役割と摂取の有り方について説明します。

人間は何もしなくても水分を失っている

人間の身体は、特に激しい運動をせずに、
日常生活を送っているだけでも汗や尿で水分を失っています。

なぜ汗をかいたり、尿を出したりするのか?というと、
汗は体温を調節するためにおこない、
尿は身体の中で要らなくなった老廃物を体外へ排出するためです。

失った水分を補うのに必要な水の量は、
年齢にもよりますが1日2リットル

そのうち半分は食事(野菜などの水分)で摂取していますので、
飲み水としては1リットルは必要です。
スポーツをするならさらに必要になってきますね^^

なので、人間は何らかの形で水分を摂取する必要があります。

水分不足になるとどうなる?

摂取する水が不足するとどうなるのでしょうか?

水は生命の維持や健康バランスを保つためにも大切な役割を果たしているのですが、
身体に水分があることで身体の細胞に酸素を運んだり、血液濃度のバランスを整えたり、
代謝に使う物質を運んだりしているわけですね。

水分が不足するということは、それらが機能しなくなることを意味します。

脱水症状を起こし、血流が滞ったり、おう吐や下痢、倦怠感などを起こしてしまいます。
血液濃度が高まると、と心臓にも負担をかけてしまいますね。
血栓が出来やすくなって、心筋梗塞や脳梗塞にも繋がります。

また、細胞への酸素供給が少なくなるので、
慢性的な水分不足は老化を促してしまいます。

このように、水分不足は体全体に支障をきたすわけです。

水を過剰摂取するとどうなる?

逆に、水分を摂りすぎた場合にも問題があります。

水分を摂りすぎると、細胞外液の浸透圧が下がり過ぎるため、
低ナトリウム血症による頭痛などを引き起こしてしまいます。
冷え性やむくみも水分の過剰摂取が原因で起こりますし、
なにより、水分を処理する腎臓にも負担をかけてしまいます。

腎臓が疲れると、身体の老廃物を外に排出する機能が低下してしまいます。

水の質も大切

水を摂取する量だけ調節すればよいのか?というと、そうとは限りません。
水には様々な成分が含まれていますので、世界的にみると、
そのままでは飲めない水がほとんどです。
日本は、水に関して言えば恵まれているんですね^^

ただし、日本の水も安心か?というと、そうでもありません。
産業化の進んでいる日本の水は、有害物質を取り除くために
塩素を投入しています。
塩素は、発がん性物質であるトリハロメタンの発生原因に挙げられていますので、
そのような水を飲んだりするのは、飲んだ直後に体に異変を感じることはありませんが、
長い目で見ると、必ずしも安心とは言えませんよね^^;

また、塩素処理ではなく、オゾン処理をしている水道局もありますが、
工業廃水から出る、特殊な化学物質や細菌の中には、
オゾン処理では対応できないものもあるそうです。

水道水をそのまま使うのも、まだまだ安心ではないかもしれませんね^^;

水は体の中で、生きて行く上での大切な役割を果たします。
だからこそ、質の良い水を選んで使うことも大切なのです。


このように、摂取する水分は不足しても摂りすぎても問題がありますし、
水道水を飲み水に使ったり、料理に使ったりするのもまだまだ安心ではないのが現状です。

だからこそ、ウォーターサーバーを使って、
最適な量で良質な水を摂取することには意味があるのです。

ウォーターサーバー人気ランキング

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ