ウォーターサーバーを使うと得られる4つのメリット

最近、ウォーターサーバーを利用した水宅配サービスを利用する人が増えています。

採水地直送で、水が美味しいというのもありますが、その他にも色々なメリットがあるんです。

宅配業者によって細かいサービスの違いはありますが、導入するとどのようなメリットがあるのかを紹介します。

1.お買い物がラクチン♪

スーパーで水を買って持ち帰るのは、毎回となると大変ですよね。
ペットボトル1本でも重いですし、他の食材と一緒に買うとかさばってしまいます。

しかし、水宅配サービスを契約していれば、定期宅配もしくは電話一本でボトルを届けてくれます。

お値段はスーパーの特売の時には劣る場合もあるかもしれませんが、普通に買うよりも安いので、定期的に買うことを考えれば安くて経済的です。

2.冷水、温水がすぐに利用できる

意外と知られていないウォーターサーバーの使用方法が、冷水だけでなく温水も使えるということです。

温度はサーバーのメーカーによりますが、90℃以上の熱湯でも簡単に利用できます。
電気代は大抵電気ポットくらいか、その半分程度(1ヶ月500円~1,000円程度)。
なので、電気代はそんなに高いものではないと思って良いでしょう。

また、チャイルドロックもついていることがほとんどなので、小さいお子様がいたずらしようとした時も安心です。

3.飲料用はもちろん、料理、洗顔、赤ちゃん用のミルクなど、使い道はたくさん

水宅配サービスの水ボトルは、採水地の工場でボトルに詰め、密封した状態で届けられます。
そのようにして届けられた水は新鮮そのもの。
そういうキレイな水だからこそ、使い道はたくさんあります。

飲み水としての利用が一番多いと思いますが、お酒の水割に使っても格段に美味しいです^^
料理に使うと素材本来の味を活かしやすく、ごはんに使うと粒がふっくら

赤ちゃんのミルクに使っても品質の良い水なら安心ですし、ミネラルが入っていないものを選べばお腹をこわすことはありません。
そして、お湯がすぐにでるので煮沸いらずでラクチン♪
熱湯でミルクを溶かした後、冷水を入れて温度を調節すれば、赤ちゃんにすぐにあげられます。

また、洗顔や自分で作る化粧水など、きれいな水だからこそ美容に使っている人もいます。
肌の突っ張り感がなくなりとてもしっとりと潤うそうです^^

4.備蓄水として保管が可能.

水宅配サービスのボトルは、1本12Lのところがほとんど。
そういう水が宅配されるので、大量の水を保管している状態になります。
そして、普通に使っていれば古いものからどんどん使うことになるので、常に新鮮な水が備蓄水としてストックされていることになるのです。

そして、東日本大震災の時、原発からでる放射線の影響で水道水の水が危惧された時、水道水とは別のルートから水を宅配されることから、非常用として重宝されました。

備えあれば憂いなし!です^^


このように、ウォーターサーバーには、様々なメリットがあります。
サーバーにも卓上型と床設置型があるので、家庭の事情に合わせて選ぶこともできますよ^^

ウォーターサーバー人気ランキング

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ