放射性ヨウ素、セシウムの影響

福島第一原発の事故で、大量の放射性物質が放出されています。
その中で、人体に悪影響のある物質が、放射性ヨウ素放射性セシウムです。

一時期、関東各地の浄水場でもこれらの放射性物質が検出され、
現在は収まりつつありますが、4月2日の東電の発表によると、
原発ではまだ核分裂反応は続いているので放射性物質はまだ出続けているそうです。
海に直接高濃度の汚染水が放出されていますね。

現状は心配ないと言われていますが、本当に心配ないのかわかりませんし、油断なりませんね。

しかし、あまり過剰に反応するのもよくありません。
油断しすぎず、恐れすぎず、きちんと判断することが大切です。

そのためには、放射性物質とその影響度に関する知識を持つことが必要です。

なので、まずは放射性ヨウ素と放射性セシウムについて調べましたので説明します。

半減期について

放射性物質には半減期というものがあります。
半減期というのは、放射能(放射性物質が放射線を出す能力)が半分になるのに要する期間のことです。

つまり、時間が経つと放射線の影響が少なくなるということですね。

例えば、放射性ヨウ素の半減期は”8日”です。
なので、8日経てば、放射能の影響が半分に、
さらに8日経てば4分の1に、という風に、半分ずつ少なくなっていきます。

このように、放射能の影響力が半分になる期間を半減期と呼びます。

半減期は物質によって違います。
放射能の影響を正しく理解するためには、検出された放射性物質の量と、その半減期
そして検出されてから経過した時間を正しく認識することが大切です。

放射性ヨウ素

今回の原発事故で見つかった放射性ヨウ素は、“ヨウ素131”というものです。
ガス状なので、呼吸で体内に入る可能性があります。
仮に喉にある甲状腺にたまり、蓄積し続けて長時間経った場合は、
甲状線がんになる確率を上げてしまいます。
特に子ども、若い人の危険性が高いそうです。

しかし、放射性ヨウ素の半減期は約8日ほどですし、尿でも排出されやすく、
3ヶ月ほど経てば、その影響はほぼゼロになるそうです。

上で述べた危険性が高まるのは、あくまで長期にわたって大量に飲み続けた場合なので、
現段階の量では心配ないといわれています。

なので、放射性ヨウ素に関してはしばらくすれば影響はなくなりますので、
検出された数値が大きくなった時に気を付ければ大丈夫だと思います。

ちなみに、放射性ではない通常の“ヨウ素”の方は、
人間にとって重要な成分で、主に海産物に含まれているのですが、
放射性ヨウ素が甲状腺にためこまれるのは、
通常のヨウ素が足りていない場合に、体が間違えて甲状腺に取り込むようです。

なので、原発に近い避難所にいる被災者には安定ヨウ素剤が配られたりしているようですが、
だからといってヨウ素が入っているものを飲めば大丈夫だと思い込み、うがい薬などを飲用するのは止めましょう。

通常のヨウ素剤と、うがい薬で使われているヨウ素は別物です。
うがい薬で使われているヨウ素は人工的に作ったもので、殺菌作用があります。
そのようなものを飲むと、むしろそちらの方が体に悪影響を与えてしまいますからね^^;

放射性セシウム

現在検出されている放射性セシウムは2種類あります。
セシウム134とセシウム137です。

セシウムは体内に入ると消化器や筋肉に集まりやすく、
染色体や遺伝子の突然変異を起こすことがあると言われています。

半減期はそれぞれ2年と30年となっており、
放射性ヨウ素と比べると長い期間影響を与えることになりますが、
実際には尿や代謝でも体外に放出されるので、
身体に与える、実効的な影響度は100日程度と言われています。

参考:Cs(セシウム)による被ばくの影響について

しかし、検出されているセシウムの量は微量なので、ひとまずの影響は少ないとみられています。
ただ、量が多くなると、身体の中に蓄積される時間も長くなりますので、
長期的にみるとセシウムの方が注意が必要です。


これらの状況は日々刻々と変わっていきます。
原発の状況が収まるまでは注意しておきたいですね。

前回の記事で、RO膜でろ過したピュア水は放射性物質が除去できるのか?ということを書きましたが

参考:逆浸透膜(RO膜)は放射性物質を除去できる?

RO水を提供している2社(クリクラアクアクララ)では、放射性物質が検出された当初にきちんと測定していて、生成されたRO水からは検出されていないことが確認されています。

クリクラの検査結果
アクアクララの検査結果

現在契約の申し込みが殺到していて、サーバーと水の配達の遅れが生じているそうですが、
水を手に入れる選択肢が増えますし、何より安全なので、
契約できるうちに契約した方がよいかもしれません。
(他サーバー会社は申し込みが殺到しすぎて、一時的に新規契約を中止しているところも珍しくありません)

特に乳幼児の子供を抱えるご家庭は、このような原発の問題を抜きにしてもオススメですよ^^

ウォーターサーバー

ウォーターサーバー人気ランキング

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ