赤ちゃんのこなミルクにはなるべくピュアウォーターを

今(2011年3月24日現在)、都水道局の金町浄水場から検出された放射性ヨウ素の問題で、
都内の水事情でパニックが起きています。

東京の金町浄水場では210ベクレル/kgの放射性ヨウ素が検出されましたが、
つい先頃(3月24日11時30分頃)、埼玉県川口市の市営新郷浄水場でも、
乳児が飲む暫定規制値100ベクレル/kgを超える120ベクレル/kg
放射性ヨウ素が検出されたそうです。

現状は飲んで影響が出るというよりも、注意しておくべき数値なんだそうですが、
今後の変化にも気をつけなければいけません。

ところで東京都が、金町浄水場がカバーしている地域
(23区、武蔵野市、三鷹市、町田市、多摩市、稲城市)で、
1歳未満の乳児のいる家庭に、緊急対応として、
550ml入りのペットボトルを1人当たり3本を提供するそうです。

さらに、飲料水業界に対しては、ペットボトルの増産を要請しているそうですので、
嬉しい対応ですね^^

頂けることはありがたいことなのですが、気を付けていただきたいこともあります。

放射性物質の含まれた水道水よりはミネラルウォーターを飲んだ方が良いのですが、
赤ちゃんの粉ミルクを作る場合は、それよりもピュアウォーターの方がより好ましいんですね。

参考:赤ちゃんにミネラルウォーターを与えてもよい?
参考:ピュアウォーターとミネラルウォーターの違い

つまり、大人にとってはミネラル分は栄養になったり、
味の違いが出たりして美味しさにも繋がるのですが、
赤ちゃんに限っては、ミネラル分で下痢をしたり、腎臓に負担を掛けるので、
粉ミルクを作るならピュアウォーターの方が良いということですね。
ミネラルがあるからダメというわけではなく、含有量の問題です。
極力少ない方が良いということです。

ミネラルの多さは、硬度が関係しています。
通常、日本の水は硬度30の軟水です。

ペットボトルのパッケージの裏を見ると書かれていると思いますので、
硬度30を基準にして、それよりも硬度が高すぎるものには注意しましょう。

ウォーターサーバーを提供している会社には、硬度がゼロのピュアウォーター、
または、ミネラル分が極力ゼロに近い天然水を扱っている会社があります。
以下にピックアップしてみました。

赤ちゃんの粉ミルク用には上の3つの会社が扱っている水が特にオススメです。

コストパフォーマンスで考えるとアルピナウォーターが一番ですね。

アクアクララはベビアクアというコースがあって、
ウォーターサーバーサービスの内容は通常コースと変わりませんが、
新規入会時や、継続者対象としたベビーグッズの抽選プレゼントがあるという、
特典があります。

ハワイウォーターは、1本当たりの水の量が5ガロン(15リットルほど)と多いので、
家族の多い家庭向きです。

しかし今、ウォーターサーバー各社へのアクセスが殺到していて、
ホームページの表示が遅くなっていますし、在庫不足にもなりつつあるようです。

大人しかいない場合はミネラル分が多い天然水を提供している
他のウォーターサーバー会社を選択しても良いですね。
詳細は、右サイドバーにある、「各ウォーターサーバーの特徴」を参考にしてみてください。

ウォーターサーバー人気ランキング

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ